忍者ブログ
 毎日は書かないと思うけど(^^;
[60] [59] [58] [57] [63] [56] [92] [91] [46] [45] [44]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


イギリスの基礎・歴史・著者の体験記などを題名どおり65の章に分けて記載してある。
日本で「イギリス」というと、「イングランド+スコットランド+ウェールズ+北アイルランド」
のことを指しているが、この本の内容は「イングランド」に偏って書かれているように思う。
だけど、けっこう参考になったし、おもしろかった(^^)

いちばん興味深かったのはイギリス人の姓と名前の章。
姓は地名や地理的環境、職業、俗称などから決められたとのこと。だいたい日本と同じなん
だなぁなんて思いながら読み進めていたけれど、かなりヒドイものもあってビックリ( ̄∇ ̄ ;)
身体的特徴から取られた「アームストロング」さんは「腕っ節が強い」という意味だから良いけ
れど、ケネディさん=醜い頭、キャメロンさん=曲がった鼻、キャンベルさん=曲がった口・・・
なんて、ほとんど差別&嫌がらせとしか思えない。こんなの大丈夫なのだろうか?

名前のほうはやはり親が色んなことを考慮して決めるみたい。
2002年の赤ちゃんの名前トップテンが載っていたけれど、イングランドの男の子は「ジャック
(Jack)」くんが8年連続1位。「ジャック」は日本でいう「太郎」くんにあたるんだって(^^;
女の子の1位は「クロエ(Chloe)」ちゃん。
最近、日本ではとんでもない当て字のすごい名前の子どもが多いけれど、イギリスでも珍しい
名前やよくある名前のスペリング順序を変えたようなものなどがあるんだってf(^_^)
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
since 2007.05.12
ブログ内検索
無料で募金できます!

Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © さちわぁ~るど にっき All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]